本クエ、マダイ、シマアジ、マアジ、ハタの養殖なら紀州大島の大瀬戸水産にお任せください。

大瀬戸水産の想い

安全・安心・食へのこだわり!

安全・安心・食へのこだわり!
 
安心安全が証明された顔の見える商品をお届けします私共が養殖を行っている紀州大島は、ラムサール条約にも登録されている海域があるなど、魚を育てる上で恵まれた環境にあります。

その恵まれた環境の中で、さらに健康な魚を作る為、投薬をなるべくしないよう薄飼いにし、魚にストレスをかけないような育て方をしています。

安心安全が証明された商品を提供するために、私共に提供して頂いている人工種苗は、全て近畿大学産で、配合飼料は全て日清丸紅飼料(株)の為、生産履歴を明確に表示することができます。

日清丸紅飼料(株)より養殖魚管理ソフト「魚歴」を導入し、近畿大学水産研究所日清丸紅飼料(株)の協力の元、全国に先駆けて安心安全な商品を証明する裏付けとなる、生産情報公表養殖魚JAS規格認定・第一号取得(平成20年6月19日付)をし、生産者の顔が見える商品を目指し取り組んでおります。

和歌山県漁連協力のもと、和歌山県環境衛生研究センター等におきまして、残留有害物質の検査を平成18年より毎年受けており、安全が証明されております。